東京都内よりも大阪でED改善ができたという声が多い

名称未設定-2_20
ED治療薬 バイアグラとレビトラは、大変普及率が高く、EDで悩む男性に大変人気がある治療薬です。
また、東京都内よりも勃起解消グッズが多いと言われている大阪は、大阪でED改善の傾向が見られている昨今です。
子の治療薬の違いはまず有効成分の違いがあげられます。
バイアグラ50mgは有効成分としてシルデナフィルクエン酸塩 70.23mgうちシルデナフィルとして50mg含有してます。
レビトラ20mgは有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物 23.705mgうちバルデナフィル20mg含有してます。
共通して言えることは、バイアグラ、レビトラ、シアリスともに 性的刺激による勃起を補助する効果であり、服用すれば勃起するというお薬ではないことと、二つの薬は血管拡張作用があるので、個人差はありますが副作用として、顔のほてりが挙げられます。
お酒を飲むと頭痛や動悸がする人は、ED治療薬を服用しても同じように副作用として頭痛や動悸が出る可能性が高くなります。
そのような方は頭痛薬との併用することで緩和されます。
また、効果の時間はバイアグラ・レビトラは作用時間が4~5時間あります。
それぞれの特徴として上げられるのが作用時間の違いがあります。
効果や副作用等の違いについては、効果には個人差があり、人によってはバイアグラ50mgが一番効くという方もいれば、レビトラ10mgやレビトラ20mgの方が効くという方もいます。
また効果がある治療薬には副作用である、顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸などの症状の出方も個人差がありますので、こちらもバイアグラか、レビトラを飲み比べて判断していただくのがよいでしょう。